TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』がYouTubeで公開へ!TWICEの光と影。

TWICEのデビューから今までに至る歴史や苦労が描かれたドキュメンタリー番組『TWICE: Seize the Light』が明日4月29日よりYouTubeにて公開されます。
 
 
こちらの番組は全8話で、毎週水曜日の23時に新しいエピソードが公開されるとのことです。
 
 
YouTubeプレミアムのメンバーの方は8話一気に観られるそうなので、1ヶ月無料お試し登録をされて観られるのも良いですね!
 
 
今回はTWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』公開に向けてアップされているメンバー1人1人のティーザーを観ながら、メンバー1人1人の光と影を考察していきたいと思います!
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ナヨン編

 

 
 
こちらのティーザーの中でもナヨンさんはTWICEのムードメーカーのような存在を発揮していますよね。
 
 
最年長であり、TWICE誕生のオーディション番組『SIXTEEN』出演時には、圧倒的センターとして注目されていました。
 
 
一見気が強そうでハッキリした性格のため、キツそうに思われたり、いじめ説が出てしまったりと誤解されてしまうこともあるんですが、実際はとてもメンバー想いだなと思います。
 
 
最年長でありながら、TWICEの中では序列9位と言われることもあるくらい子供っぽいところもあり、メンバーと騒いだり甘えたりするのが本当に上手なところが魅力的だと思います。
 
 
いつもふざけているような印象もありますが、メンバーが困っている時や元気のない時には寄り添って手を引いてくれる心強い存在です。
 
 
本当にメンバーと一緒に過ごすことが大好きなんだなというのも伝わってくるくらい、いつもメンバーといることを心から楽しんでるようで、1番年上でも変に先輩ぶったりすることなく、対等な関係で接している姿が彼女の魅力ですよね。
 
 
また、そういうところがメンバーからの信頼にも繋がっていると思いますし、いじられたりするところも愛されているなと思います。
 
 
ツンデレな部分もありますが、メンバーに対しての愛は本当に大きい彼女がTWICEの最年長で本当に良かったなと思います!
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ジョンヨン編

 

 
ジョンヨンさんの性格を一言で表すと、とにかく情に溢れた人だな、と思います。
 
 
愛情、友情、全てにおいてたくさんの愛を持っている人だと思います。
 
 
本当に誠実で優しい人柄をふとした瞬間に感じますよね。
 
 
あまりTWICEのことを知らない方にはガールクラッシュでカッコよくてクールなイメージがあると思いますが、実際は誰よりも繊細で女性らしくて、思いやりの溢れる女性だと思います。
 
 
メンバーが寒がっていたら、自分の毛布を譲ってあげたり、濡れそうになっていたら、自分の肩が濡れたとしてもメンバーのために傘を傾けてあげられる人。
 
 
メンバーのために自分が犠牲になることも厭わないくらい、人や動物に尽くすということが自然とできる本当に素敵な人だと思います。
 
 
ステージ上だけではそんなジョンヨンさんの素敵な部分を全て表現できないのが残念ですが、人として尊敬できる、そんなところが魅力的です。
 
 
メンバーのために、誰かのために綺麗な涙を流せる人ってあまりいないですよね。
 
 
でも彼女はそれを当たり前のようにする人だということが少しでも多くの人に知れたら嬉しいです。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!モモ編

 

 
この映像で初めてモモさんを知る人には、食べ物のことしか考えていないように映るかも知れませんが、そこも彼女の魅力の一つですよね。笑
 
 
本当に食べることが大好きで、彼女が何かを食べている姿を見るとこちらまで笑顔になれますよね。
 
 
それはメンバーも同じだと思います。
 
 
どんなに疲れている時でも、あんなに純粋に嬉しそうに食べているモモさんを見ると考え込んでいたことがバカバカしくなったり、安心したり、癒し効果があると思います。
 
 
モモさんの魅力ってそういう飾らないところだと思いますし、どれだけ有名になっても、当たり前のことに感謝できるところとか、努力を人に見せないところ、プロフェッショナルな部分やストイックな部分は人一倍持ち合わせていると思います。
 
 
普段はボーッとしていてメンバーに怒られているのをよく目にする人も多いと思いますが、足の指を骨折していてもダンスの練習を欠かさずしていたり、倒れないと休めないような人なのかな、と思います。
 
 
その中にはきっとTWICEが誕生したオーディション番組『SIXTEEN』で一度落選した経験もあってメンバーに対しての劣等感というか、自分は誰よりももっと努力しないと、とか頑張らないと、という気持ちは少なからずあったのかなと思います。
 
 
今じゃ一度落選したとは思えないくらい、本当にTWICEにとって必要な存在で、メンバーにとってもTWICEの軸となる人だと思います。
 
 
少し不器用なところがあるので、メンバーに対してツンデレだったり愛情表現が下手なところもまた、恥ずかしがって可愛いな〜という印象です。
 
 
誰よりもファン想いで、ファンの人に対する誠実さも彼女の魅力でもあります。
 
 
ファンの人とのコミュニケーションを誰よりも大切にしていて、でもそれはやってあげた、という感じがなく、自分がファンの方と話したいから、とか自分がしたいからしているんだ、という姿勢で関わってくれるところがファンにもメンバーにも愛されるんだろうなと思います。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!サナ編

 

 
サナさんといえばいつも笑顔でメンバーに対してのスキンシップが激しくて、人たらしで愛嬌があって太陽みたいな存在ですよね。
 
 
人の心を掴むのが本当に上手だと思います。
 
 
そしてメンバーに甘えるのも甘やかすのも上手です。
 
 
よく犬みたい、とメンバーにも言われていますが、本当にそんな感じですよね。
 
 
とても忠実で、誠実でどれだけ傷付けられても、許して信じて前を向ける人。
 
 
でもそんな中でも、抱えきれない傷を負っても、ファンの人の前では笑顔でいたり、なるべく心配させないようにしている彼女を見るととても心が痛い時があるのも事実です。
 
 
痛いって言えば良いのに、相手のことを考えて我慢してしまう人。
 
 
とても繊細で純粋なんですよね。
 
 
TWICEとして有名になって、それに比例して妬みやアンチも増えるのは仕方のないこと。
 
 
有名税と言ったらそれで終わりかも知れませんが、彼女が悪くないことでも、小さなことでも揚げ足を取って叩かれることもあります。
 
 
それを全部、自分のせいだと背負って自分自身を責めてしまうような、本当に心が優しい人だからこそ、表現するのが怖くなったり、彼女の良さである天真爛漫さが無くなってしまうことが1番怖いです。
 
 
どれだけ有名になっても、注目されてちょっとしたことで叩かれてしまっても、ファンの皆さんは彼女の意図をちゃんと理解しているので、何も臆病にならずに自分に正直に自由に自分の思ったことを表現して欲しいです。
 
 
これを聞いたらどう思うかな、これを書いたらどう捉えられるかな、など相手のことを考えて物事を発信できるところが彼女の魅力でもあるし、強さの秘訣なのかなと思います。
 
 
メンバーに対してのスキンシップが過激なところも魅力ですけどね!笑
 
 
韓国人が聞いても全く違和感のないくらい完璧な韓国語もサナさんの努力の証ですね!
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ジヒョ編

 

 
ジヒョさんといえばTWICEのリーダーでメインボーカルという印象が強いですよね。
 
 
歌が上手!という印象が1番先行すると思いますが、ダンスもモモさんと踊っても見劣りしないくらい踊れるところもさすが練習生を10年やっていた実力だな、と思います。
 
 
TWICEのパフォーマンスの要であることは間違いないですが、メンタル部分においても大きな存在だと思います。
 
 
TWICEの所属事務所、JYPエンターテインメント社長のパク・ジニョンさんが、グループのリーダーは自分が犠牲になれなければいけない、と言っていましたが、私はそうはなってほしくないな、と思います。
 
 
リーダーだからしっかりしなきゃ、リーダーだから誰よりも我慢しなきゃ、リーダーだから全て譲らなきゃってすごく悲しく感じます。
 
 
もちろん、リーダーというのはそういう役割を時に背負わなければいけない時もあると思いますが、リーダーでも同じメンバーだから、みんな平等に対等に大切にされるべきですよね。
 
 
ジヒョさんの性格上、やっぱりリーダーに向いていると思うんですね。
 
 
実際、ジヒョさんは責任感が強くて、メンバーのために犠牲になれる人。
 
 
だからこそ時に自分を追い詰めてしまったり、ストイックすぎて疲れてしまうこともあると思います。
 
 
責任感が強いあまりに、自分で自分を苦しめてしまったり、気負いすぎてしまったり。。
 
 
でもTWICEってメンバーの相性が本当に良いと思うんですよ。
 
 
そうやって追い詰めてしまって1人で犠牲になろうとするジヒョさんがいても、自然とメンバーがジヒョさん1人に負担を背負わせないように各々が一緒に背負おうとしたり、そういうことが意識しなくても自然とできてしまうチームワークというか絆を感じます。
 
 
ジヒョさんはリーダーだからといって偉そうにする人じゃなく、叱ったり縛ったりするのではなく、彼女に協力したい、着いていきたいと思わせられる人間力が本当に高い人だと思います。
 
 
自分が1番練習期間が長いからって見下すわけでもなく、どのメンバーに対しても対等に接することができるのが彼女の魅力でもありますし、彼女がリーダーでなければTWICEのバランスは崩れていてもおかしくないと思います。
 
 
年頃の女の子が9人も集まったら、しかも国籍もバックグラウンドも違うんですよ。
 
 
絶対仲が悪いメンバーがいたり、均一を保つのって本当に難しいと思うんですね。
 
 
でも誰もがジヒョさんがリーダーで良かったと言っていて、認め合える関係性ってジヒョさんだからこそ築けたんだと思います。
 
 
それはやはり彼女の人間としての器の大きさや懐の大きさに認めざるを得ない部分はあるからだと思います。
 
 
そうは言ってもリーダーとして負担を背負っている部分は大いにあると思うので、時に感情をぶつけたり表現してしまうこともあると思います。
 
 
冷静に対処できない時もあると思います。
 
 
でもそこに至るまでにどういうことがあったから彼女がそういう行動に出たのか、ということこそが意味があって、結果だけを知るのではなく、課程を知れば結局彼女の言っていることは間違っていないんだな、と気付かされます。
 
 
自分より年下なのに、誰かを引っ張る力や、まとめる力など、勉強できる部分をたくさん持った素晴らしい女性だと思います。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ミナ編

 

 
ミナさんのことは昨年の活動休止によって知った方も多いと思います。
 
 
精神的な不安により、TWICEとしての活動をお休みしていたことは記憶に新しいですよね。
 
 
またTWICEとしてステージに戻って来てくれて嬉しい限りなんですが、本当にファンとして複雑な思いを抱えているのも事実です。
 
 
本人もインタビューなどで認めていますが、自分の殻に引きこもることが多いそうで、お休みの日も部屋に引きこもっていることが多いようで、もしかしたら1番ステージ上とのギャップがあるメンバーかもしれません。
 
 
ステージの上ではキラキラ輝いていて、笑顔でとても手の届かないような存在で。
 
 
でもステージを降りると私たちと同じように傷付いて痛みを背負ってストレスを抱え込んでしまうことが性格的にも多いのかな、と思います。
 
 
アイドルという職業に、アーティストという職業に真っ直ぐに向き合っているからこそ、自分自身に対して妥協を許せなくて、追い詰めてしまって、でもストレスの発散が上手にできなくて、自分の意見をあまり上手く言える性格ではないという部分も相まって苦しんでしまうことが多いところが見ていて辛い時もあります。
 
 
でもそういう彼女のことをメンバーが誰よりも理解して、無理に引っ張りだすのではなく、時にはそっと見守ったり、TWICEのメンバーって本当にお互いのことを解り合っているからこそ、信頼し合っているからこそ、相手が望む距離感を保つのが上手だと思います。
 
 
だからこそミナさんも今でもTWICEのメンバーとしてグループ活動に参加してくれているのだと思いますし、もう一度メンバーと一緒にステージに立ちたい!という思いを失うことはなかったんだと思います。
 
 
きっと彼女が休んでいる間、誰1人として早く戻って来て、と言ったメンバーはいないんじゃないかな、と思います。
 
 
彼女が1年休みたいと言ったらじゃあ1年休んでる間に私たちでグループを守っているからゆっくり休んでね、と言えるグループだと思います。
 
 
ファンの方達もまた、いくらでも待つと言ってくれる素敵なファンの方たちが多いからこそ、ミナさんもその期待に応えたい、みんなの元に戻りたいと思えたんだと思うと、本当にTWICEの周りって素敵な関係と絆が溢れていますよね。
 
 
正直、ミナさんは繊細で誰かを押しのけてまで自分が目立ちたいというタイプではないので、芸能人向けではない性格かもしれません。
 
 
それは本人も自覚しているようで、でも人一倍強い意志を持っている人でもあるんですよね。
 
 
自分の意見をあまり上手く言えなかったり、表現するのが得意ではないと言っていますが、自分の意志を貫き通す芯の強さというのはとても感じる部分があって、そこが本当にすごいな、と思います。
 
 
絶対にブレない部分があって、絶対に譲れない部分があって、本当は得意ではないことでも、歌が好きだから、踊ることが好きだから。
 
 
そういう気持ち一つで自分をここまで奮い立たせて強い意志を持って立ち向かえる強さを本当に尊敬しています。
 
 
彼女が夢見ていた場所で、ボロボロになって傷付いていく姿を見て、儚くて今にも消えそうな姿を大切に大切に守りたいのに、それさえ出来ないのがファンとして時に悲しくなります。
 
 
辛くて悲しくて苦しくても、私たちファンのために無理をしてでも立ち続けるステージの先に、彼女が見る景色の先に、これからもずっと光を見つけられれば嬉しいです。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ダヒョン編

 

 
ダヒョンさんを見ていていつも思うのが、本当に礼儀正しい子だな、と思います。
 
 
とてもご両親の教育が良く、真っ直ぐに育ったんだなというのが伝わってきます。
 
 
真面目でしっかりしていて、TWICEメンバーの中では年下組に入るのに、ふざけているお姉さんたちに合わせてあげたり、逆にちゃんとしてくださいって注意したり。笑
 
 
本当に相手に合わせるのが上手なメンバーだと思います。
 
 
相手の気持ちを察したり、汲み取るのが上手で、相手が望んでいることを返してあげられる人だと思います。
 
 
そういうところにTWICEのお姉さん組のメンバーたちも助けられるところが数多くあっただろうし、年下のメンバーも信頼して頼れる存在であったと思います。
 
 
人の痛みに敏感で、誰よりも感じ取るのが上手だからこそ、自分のことのように傷付いたりすることもあると思いますが、そういう優しさに救われたメンバーも多いと思うんですよね。
 
 
メンバーからの重すぎる愛や激しすぎるスキンシップを文句も言わずに受け止められるのはダヒョンさんだけだと思います。笑
 
 
本当に愛し、愛されているのが伝わってきますよね。
 
 
誰かが落ち込んでいたら声をかけて、明るく振る舞ってみたり、自分が辛いことがあっても泣きながら大丈夫だと笑うような人だからこそ、無理していないかな、大丈夫かな、と心配になることもありますが、彼女が笑っていると元気をもらえるのはメンバーもファンも共通していると思います。
 
 
本当に透明で綺麗な心の持ち主のダヒョンさんだからこそ、誰に何を言われても、これからも変わらないでほしいな、と思います。
 
 
これからも綺麗なものを見て綺麗と思える、真っ直ぐな心と瞳を忘れないでほしいです。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!チェヨン編

 

 
チェヨンさんのイメージといえば一匹狼なところがあって、個性的で自分の世界を持っている人というイメージですよね。
 
 
インタビューでも言っている通り、自分のしたいことをする、やりたくないことはやらない、とはっきりと言えるところが本当にかっこいいですよね。
 
 
普通の人がやりたくないことはやらない、と言ったらワガママだと感じられることでも、彼女が言うとそういう印象にならないのは、やるべきことをちゃんとやっての上でのことだからだと思うんですよね。
 
 
サボったり楽をしようとしているのではなく、自分自身のことを誰より理解して分かっているからこそ、自分の魅せ方が上手だと思います。
 
 
人にどう見られるかを気にするのではなく、自分がどう生きたいか、どう見られたいかを優先できる芯の強さにはいつも尊敬します。
 
 
そういう強さをこの歳で持てるのって本当に難しいことだと思うんですが、見た目や言動は赤ちゃん猛獣と言われる彼女でも、成熟した考え方には圧倒されます。
 
 
誰に対しても差別や偏見を持たずにフラットに接することができるのも、相手に対して良い意味で追求しすぎないところも彼女の魅力だと思います。
 
 
一見すごくハッキリした性格で自分の世界を大切にする彼女だからこそ、クールに見られたりしがちですが、実際は大人っぽく振る舞っていても末っ子らしく甘えん坊なところもあって、でも本人はツンデレにそれを隠そうとしたり、そういうところが可愛いですよね。
 
 
時にはお姉さんメンバーに対して釣れない態度を取っていても、実際は口角が上がっていたり、嫌がってるフリをしていてもやっぱりメンバーのことが大好きなのが隠しきれないところとか。笑
 
 
本人は隠しきれていると思っているところがまた可愛くて、そういう不器用なところが愛しくて、でもミナオンニに対してはデレデレに甘やかしたり。笑
 
 
メンバーも全部分かりきっているからこそ、彼女が自分の世界に入っているときはそっとしておいたり、彼女がやりたいことに対して支持してあげたりできるんだろうなと思います。
 
 
TWICEメンバーの中で唯一タトゥーを入れたり、自己表現がハッキリしていて、でもTWICEメンバーもそんなありのままのチェヨンさんのことを認めているからこそ、アイドルとしてどうなの?と世間で思われることでも反対しなかったり、彼女の個性を大切に受け入れられるんだろうなと思います。
 
 
アイドルに求めるものって人それぞれ違うからこそ、万人に受け入れられるのは難しいですが、偽りの自分が好かれるより、真実の自分が嫌われるほうが良い、というようにいつだってありのままの姿を見せようとしてくれるチェヨンさんの誠実さと強さ、偽りのない姿を尊敬しています。
 
 
これからもチェヨンさんにはチェヨンさんがやりたいように、したいように、自由でいてほしいです。
 
 
きっと縛られたり型にはめられると良さを失ってしまうくらいチェヨンさんの個性には魅力が詰まっていると思うので、これからも鳥のように自由に飛び回っていてほしいです。
 
 

TWICEのドキュメンタリー『TWICE: Seize the Light』 ティーザー公開!ツウィ編

 

 
TWICEの愛すべき末っ子ツウィさん。
 
 
TWICEのお姉さん達はとにかくツウィさんに構いたいようで、いつもちょっかいをかけられていますが、本人は良い意味でマイペースでお姉さん達の愛嬌さえも交わすことができる唯一の人物だと思います。笑
 
 
あれだけ容姿端麗だと、自分だったら調子に乗ってしまったり、天狗になってしまうこともあると思うんです。
 
 
でも彼女って本当に良く出来た人間で、本当に謙虚なんですよね。
 
 
もっと高飛車になっても良いんじゃない、と思うくらい謙虚で、でもそこがツウィさんの魅力ですよね。
 
 
幼い頃に1人で台湾から韓国に来て、言葉も通じない中で、ただひたむきにデビューに向けて努力してきたツウィさん。
 
 
他のメンバーももちろんデビューまでにたくさんの努力をしてきていますし、ツウィさんだけが特別ではないと思いますが、メンバーの中に同じ国の人が1人もいない中で1番幼く知らない土地にやって来てここまで来れたのは本当に並大抵の努力だけじゃないと思います。
 
 
離れていても、家族のことを誰よりも大切に想っていて、当たり前のことを当たり前に思わずに感謝できるところも本当に素敵ですよね。
 
 
こんな娘がいたら、ご両親もさぞ自慢でしょう。
 
 
そういうツウィさんの真っ直ぐで純粋な綺麗な心に救われたメンバーも多いと思いますし、だからこそ甘やかしたくなる気持ちも分かります。
 
 
末っ子なのにワガママを言うことなく何ならお姉さんメンバー達よりもしっかりしているところも多いツウィさんですが、お姉さんメンバー達はツウィさんが可愛くて仕方がないらしく、末っ子として甘えたりワガママを言ってほしくて奮闘している様子もまた、愛しいですね。
 
 
TWICEの序列1位と言われているツウィさんですが、これだけ可愛くて完璧なマンネがいたら、何でも譲りたくなりますよね。
 
 
これからもそんな謙虚で大人なツウィさんを見たい反面、叶えられないようなワガママを言って、お姉さんメンバー達を困らせてほしいです!笑
 
 

まとめ

 

 
TWICEってどうしてこんなに完璧なんだろう、とふとした瞬間に感じることがあります。
 
 
もちろんもっと歌が上手い人もいるだろうし、ダンスが上手い人もいるかもしれません。
 
 
でもグループとして見たときに、ここまでグループ力が高いグループって他にないと思うんですよね。
 
 
お互いに欠点があったとしてもお互いで補えるというか、そこにはメンバー自身が誰よりもメンバーを信頼していて、TWICEというグループを、メンバーを愛しているからこそ成り立っているんだと思います。
 
 
無理に仲良しを演じているのではなく、TWICEというグループを1人の人間に例えると、一人一人がその人間を生かすパーツであって、どこが欠けても何が欠けても誰が欠けても機能しないような、交換できないような、そんなグループだと思います。
 
 
9人じゃなきゃ成り立たない、そこが弱みだと言う人もいるかも知れません。
 
 
でも私には9人揃ったときの魅力が半端なさすぎて、弱さをも何十倍、何百倍上回る強さに変えられるそんな9人を心から誇りに思い、言葉では表せないくらい尊敬しています。
 
 
エンターテインメントの枠を飛び越えて、1人の人間としても尊敬できる9人が集まって活動してくれていることに感謝し、1人でも多くの人に彼女達の魅力が伝われば幸いです。
 
 
長い文を読んでいただき、ありがとうございました!
 
 

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

NO IMAGE